よくある質問|メンズ医療脱毛のレーザースキンクリニック【公式】 Nagashima | 東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社 | SPIQA DESIGN(スピカデザイン)

よくある質問

Nagashima

Q 【サイトレビュー】メッセージを伝える!訪問看護・介護サービスの企業サイト

こんにちは。WEBディレクターの長嶋です。

WEB制作の現場にいると、「メッセージ」をどのようにユーザーに伝えるかという課題に直面することがあります。ここでいう「メッセージ」とは、「想い」や「伝えたい価値観」のことで、ターゲットによってWEBサイトで伝える内容は様々です。

今回はそんな「メッセージ」に重きをおいたWEBサイトを見つけたので、トレンドデザイン勉強会で共有しました!

今回レビューするサイト

今回レビューするのは、訪問看護を中心とした地域密着の医療・介護サービスを提供している大阪の会社「Philosophia – フィロソフィア」のサイトです。

競合サイト

サイトのポイントを分解する前に、競合として同様に医療・介護・福祉サービスを提供している法人を選定しました。

社会福祉法人 愛和会
▼配色
【ベース】白(ベージュ)【メイン】茶・オレンジ【アクセント】なし
トップページにこちらの法人がおこなっている3つのサービスをスライダーで紹介しています。マウスを乗せると、背景画像が切り替わり、目線を誘導するオレンジのエリアにサービスの概要が表示されます。強みとなるサービスの紹介に力を入れたデザインでユーザーへの訴求をおこなっているWEBサイトです。

箕面市の介護老人保健施設|箕面グリーンビィラ
▼配色
【ベース】白【メイン】青緑【アクセント】なし
ファーストビューで介護サービスの安心できるビジュアルをスライドショーで掲載し、法人が伝えたいメッセージをキャッチコピーとして配置しているスタンダードな構成のサイトです。人の顔や繋がり、思いやりを感じることができる写真にすることで安心して任せられる印象を伝え、キャッチコピーによってそれを補填することで信頼感を演出する内容です。

▼結果
いずれのサイトもシンプルで見やすいレイアウトで、フォント使いや優しい色使い、角の取れたディテール・フォントなどを用いて親しみを感じられるサイトに仕上げています。介護系の企業サイトということで、「人の顔が見えるポジティブなビジュアルイメージ」を用いることで、信頼感や提供するサービスを分かりやすく伝える意図が感じられます。配色が基本的に2色のみで構成され、アクセントをメインカラーの強弱で表現している事が特徴で、これは写真をメインイメージにするためのルールであると同時に、企業のカラーを前面に出すためのデザインだと考えられます。

今回のサイト

次は今回選定したサイトを競合サイトと同じように分解しました。

Philosophia – フィロソフィア
▼配色
【ベース】白・グレー【メイン】オレンジ 【アクセント】なし

いいなと思ったポイント

メッセージとイラストで勝負しているファーストビュー

他の看護・介護系サイトが「写真をメインにしたファーストビュー」であるのに対して、このサイトは「メッセージとイラストで勝負しているファーストビュー」です。同社が真剣に向き合っている命題と 、個性的なロゴに使われているイラストのみで構成されたファーストビューはとても斬新なアプローチだと思いますし、演出が映えるデザインなので強烈に印象に残ります。

ファーストビューとフッターの演出

このWEBサイトでは、ファーストビューでスクロールすると、文字やイラストがバラバラになりながら上がっていき、フッターでそれらのイラストがロゴマークとして集まってくるようになっています。これは、同社の社員が一人ひとり「プロ」として活動し、この会社に集まっている事を示しているように感じました。このように、ファーストビューとフッターが繋がるような演出を取り入れて印象づけをおこなっているのも、トレンド感があって良いと感じました。配色のシンプルさを活かし、「演出での企業イメージの情緒的な訴求」をおこなっている点が特徴です。

なぜこのデザイン?どういう効果が期待できる?

「サイト全体の構成からこのサイトの主目的が「採用強化のための企業ブランディング」であると考えられるため、企業のメッセージを演出によって目立たせることで、ユーザーに「よりポジティブな印象を与える」点に重きを置いているのだと考えられます。

このようなデザインによって求職者へのアピール、応募を促す効果が期待できます。社員インタビューによって「訪問看護・介護スタッフの特性が見える」ことで、エリア周辺の訪問看護・介護サービスを探している人へのポジティブな訴求もおこなうことができます。デザイン面では、ロゴカラーを用いた企業の印象付け・訴求に加えて、ロゴに使われているイラストを用いた演出によって「企業ロゴを憶えてもらう」ことができるのではないかと感じました。

まとめ

いかがだったでしょうか?
訪問医療・介護サービスは信頼感や安心感を伝えるために「写真」を用いるケースが多いですが、今回取り上げたWEBサイトはより企業の「メッセージ」が伝わるデザインだったかと思います。

もちろん、伝えたい相手が「お客様」なのか「求職者」なのかによって、有効なデザインやコンテンツは大きく変わります。今回のサイトではその差がとても分かりやすかったのではないでしょうか?

いずれにせよ、どのWEBサイトもユーザーに安心感や信頼感を持ってもらえる素敵なデザインだと感じました。

今後もトレンドデザイン勉強会での共有内容をこのスピカマガジンに掲載していく予定なので、どうぞお楽しみに!

ではまた!

Q 【サイトレビュー】最高のゴルフ体験をあなたに。洗練された伝わりやすいゴルフ場のサイト

こんにちは。WEBディレクターの長嶋です。

少し前まで暑い日が続いていましたが、ようやく秋らしくなってきました。
秋といえば「スポーツの秋」ですよね!僕自身が個人的にやっているスポーツはスノーボードなのですが、その友人たちがオフシーズンにやっているスポーツで意外にも多いのが「ゴルフ」です。(僕はやったことがありませんが…)
伝統的で社交性の高いスポーツとして、昔から色々なシーンで楽しまれています。

今回は素敵なゴルフ場のウェブサイトを見つけたので、トレンドデザイン勉強会で共有しました!

今回レビューするサイト

今回レビューするのは兵庫県三田市のゴルフ場「有馬カンツリー倶楽部」の公式サイトです。

競合サイト

サイトのポイントを分解する前に、競合としてゴルフ場公式サイトを選定しました。

新東京都民ゴルフ場
▼配色
【ベース】ベージュ 【メイン】グリーン 【アクセント】ブラウン
トップページにニュースとナビゲーションを配置し、その他の情報は各ページで纏めているため、迷うことがないWEBサイトに仕上がっています。長く親しまれているスタンダードなWEBデザインなので、信頼感や安心感を感じることができます。

若洲ゴルフリンクス公式サイト
▼配色
【ベース】ベージュ 【メイン】ブラウン 【アクセント】レッド
画像スライダーのファーストビュー・ナビゲーション・2カラムレイアウト・グリッドデザインなどで、より分かりやすく情報が纏められています。こちらも長く親しまれているスタンダードなWEBデザインなので、信頼感や安心感を感じられるWEBサイトです。

▼結果
いずれのサイトもベージュを基調に、ゴルフらしさを感じられる配色を用いてユーザーの誘導をおこなっているスタンダードなWEBサイトデザインです。分かりやすいグリッドデザインであり、昔から用いられているUIなので、シンプルで分かりやすいWEBサイトである点がポイントです。

今回のサイト

次は今回選定したサイトを競合サイトと同じように分解しました。

有馬カンツリー倶楽部
▼配色
【ベース】白・ベージュ 【メイン】レッド 【アクセント】無し

いいなと思ったポイント

配色と余白・書体の見せ方で分かりやすくも洗練された印象に

2色のみを用いた配色ルールと、しっかりと設けた余白によって、洗練された印象を演出しています。
さらに、英字見出しと本文テキストに明確な書体の差をもうけることで、情報が分かりやすく整理されて読みやすいWEBサイトに仕上がっています。

ビジュアルで具体的な設備・施設のイメージを明確に伝えている

ゴルフ場のブランドイメージはテキストやWEBデザインで演出していますが、具体的なゴルフ場の設備・施設は写真などのビジュアルイメージを用いて明確に伝えています。演出とは完全に異なる役割で、実際のゴルフ場利用をイメージしてもらうコンテンツとして配置されています。

それぞれのポイントがしっかりと機能していることで、シンプルでも非常に伝わりやすいサイトに仕上がっています。

なぜこのデザイン?どういう効果が期待できる?

「洗練されつつもユーザーファーストで利用しやすいゴルフ場」「高品質のゴルフ場」「初心者から上級者まで楽しめる」というコンセプトを、シンプルで見やすく、迷いづらいWEBデザインを用いることで印象づけています。
具体的な施設情報やポジティブなブランドイメージを伝えることで、初めて有馬カンツリー倶楽部を利用する人や利用を検討している人に「予約してもらう」あるいは「潜在顧客になってもらう」効果が期待できるWEBサイトだと感じました。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ゴルフ場のサイトは、長く使われている信頼性の高いWEBデザインのケースが多いですが、今回取り上げたサイトでは「シンプルでもブランドイメージをしっかり伝える」デザインだったと思います。

今後もトレンドデザイン勉強会での共有内容をこのスピカマガジンに掲載していく予定なので、どうぞお楽しみに!

Q 【都会の喧騒から抜け出そう】WEBディレクターがキャンプ沼にハマった3ステップを紹介

社員ブログに初めて登場します、ナガシマです。

突然ですが皆さん、”自然”足りてますか?

僕は普段、WEBディレクターとして都会の喧騒に揉まれているのですが、週の半ばくらいになると何もかも放り出して木々や木漏れ日に囲まれたい衝動にかられます。(極端)

僕の日常には圧倒的に”自然”が足りていない!ということで休日はほとんどアウトドアで過ごしています。(恐らくスピカデザインで唯一のアウトドア派)

アウトドアといえば「キャンプ」。ここ数年ですごい勢いを見せているキャンプブームですが、もちろん僕もキャンプが好きです。川のせせらぎ、自然の音、たき火の揺らめき…日常のバタバタから解き放たれて自然の中で過ごすのは最高じゃないでしょうか?デジタルデトックスってやつです。

夜のオートキャンプ

ちなみに、キャンプにハマるルートは人それぞれです。

今回は僕がどのような手順を踏んでキャンプという沼にハマっていったのかをご紹介します。

このステップを同じように手順を踏めば、あなたもあっという間にキャンプの沼にハマることでしょう!

ステップ1:まずはグランピングに行ってみる

星のや富士の部屋

僕がキャンプにハマったきっかけのがこの「グランピング」です。

グランピングの良さは「キャンプの楽しいところ」をつまみつつ、「ホテル並みのホスピタリティ」を受けられる点にあります。

日中は薪割り体験やテラスで焚火などを行いながら過ごし、夜はシェフの作ったバーベキュー料理に舌鼓を打つ…もちろん寝床はフカフカのベッド。最高すぎます。

星のや富士のウッドデッキ
星のや富士の部屋から見える富士山

「キャンプはやってみたいけど、道具がない…」「外で寝るのはちょっと…」そんな方に是非行って欲しいのがグランピングです。

ここで「アウトドア、ちょっと楽しいかも!」と思えたら素質アリです!

次のステップに進みましょう。

ステップ2:心ときめくキャンプギアを1つ買ってみる

お気に入りのギアを使ったキャンプのイメージ

次に僕はキャンプギアを購入しました。

ここでのポイントは「日常でも使える」「自分の心がときめく」キャンプギアを買うところにあります。僕の場合は「コップ」でした。

気に入ったデザインのものを買っているので、当然普段使いします。毎日使ううちに愛着が湧いてきます。そして、ある日ふと思うのです。

「このギア、実際にキャンプで使ったらめっちゃ映えるんじゃね?」

実際に使っている風景を具体的に想像するのがミソです。

ネットでそのキャンプギアが使われている「映え画像」を検索するとなお良し。

ステップ3:お気に入りのギアをもってキャンプ施設へ行く

ほったらかしキャンプ場の朝

このステップではキャンプ施設に宿泊する必要はありません。

ポイントは「映えそう」「設備がキレイ」なキャンプ施設を選択することです。

レンタルや友人から借りられるものを駆使して、とりあえずデイキャンプを行います。ステップ2で買ったお気に入りのギアは忘れずに持って行きましょう

そしてキャンプ施設に到着したら、思う存分お気に入りのギアを使ってみましょう
家とはまた違ったキャンプギア本来の魅力が感じられます。

写真を撮ったり景色を眺めたりして、ある程度落ち着いたら、周りを見回してください

可愛いテントや、お洒落なキャンパー、素敵な焚火台…
沢山のお洒落なキャンプサイトを目にすることが出来ます。

そして思います。「あんな風にキャンプが出来たら素敵だろうな…」

気が付けば新しいキャンプギアを調べ、次のキャンプの予定を立てている自分がそこに…

いらっしゃいませ。

まとめ

ほったらかしキャンプ場の夜景

僕が「キャンプ沼」にハマった経緯の紹介、いかがだったでしょうか。
この3ステップは「体験する」➔「手に入れる」➔「使う」のルーティンで成り立っています。
初めにキャンプの素敵な部分だけを体験しているので、自分が新しい装備を少しずつそろえることによって徐々にその体験に近づいていく達成感を味わえます。
この達成感によって「もっと素敵に!」「もっと快適に!」という抜け出せない沼を形成していきます。新しいギアを買うことでキャンプに行きたくなり、キャンプに行くことでキャンプそのものにも慣れていくため、キャンプに対するハードルも徐々に下がっていきます。そしてキャンプでの素敵な体験や達成感を通じて、より深い沼へとハマっていくことになります。

一度ハマるとなかなか抜け出せない構造になっているので、ちょっとしたホラーですね!

興味があるけど、一歩踏み出せない人は是非このステップを参考に、キャンプ沼にハマってみてください!お勧めはしません!笑

お勧めのグランピング施設・キャンプ場

最後に僕が実際に行ってみた・行ってみたいお勧めの場所を紹介します!
沼ではあるものの、間違いなく素敵な体験はできるので、興味があれば是非一度行ってみてください!

星のや富士WEBサイト
  • 星のや富士
    僕がキャンプ好きになるきっかけとなった、星のやがプロデュースするグランピング施設です。全ての宿泊部屋が「富士山ビュー」。最高のホスピタリティを満喫しつつ、ウッドテラスで最高のアウトドア体験が出来ます。お値段は高めですが、お値段以上の素晴らしい体験が出来ます!
ほったらかしキャンプ場WEBサイト
  • ほったらかしキャンプ場
    山梨のほったらかし温泉に隣接するキャンプ場です。日中は富士山を正面に、夜間は甲府市の夜景を一望できる、最高のロケーションを誇ります。キャンプ場から温泉にも徒歩で行けるのもポイント。ほったらかし温泉からも夜景や富士山を見る事が出来るため、温泉・景色・キャンプを一度に楽しみたい方におすすめのキャンプ場です!
ライジングフィールドWEBサイト
  • ライジングフィールド軽井沢
    長野県の軽井沢町にあるキャンプ場です。車を乗りつけられるオートキャンプ・玄人向けのブッシュクラフトエリア・初心者にも優しいグランピング施設が揃っており、どんな層のニーズも満たしているキャンプ場です。施設が綺麗で、軽井沢の観光地も近いのが特徴です。
アビルキャンプリゾートWEBサイト
  • アビルキャンプリゾート那須
    昨年オープンしたばかりの星空が綺麗なキャンプ場です。設備が綺麗で、広い多目的エリアやドッグランエリアなどもあるので、初心者や家族のキャンプにおススメです。スウェーデン式サウナを体験できるのも特徴。まだ行ったことはないのですが、近日行ってみる予定なのでまたの機会に紹介しようと思います!

ではまた!