SHARE

【初心者向け】GA4でWebサイトのコンバージョンを設定する(後編)

spiqa_design

2023.07.09

GA4についてのご紹介第5回です!UA(ユニバーサルアナリティクス)が終了する前に、GA4の使い方に少しずつ慣れていきましょう。

前回、GA4のコンバージョン設定について、まとめています。今回はその続きです。まだ前編を見ていない方は、ぜひそちらからご確認ください。

https://spiqa.design/knowledge/2009/

前編で設定したコンバージョンの状況を確認する方法を紹介していきます。

コンバージョン数の表示手順

まず、管理画面入って左のメニューバーからレポートのアイコンを選択してください。

その後、画面の表示が切り替わったら、ライフサイクル>エンゲージメント>コンバージョンという風に進んでいくと、右の表示が変わります。

こちらで出た画面が、コンバージョンの数や、推移がわかる内容です。右上の期間選択で分析したい期間を絞ることなども可能です。

コンバージョンと詳細な分析データの確認

コンバージョンの数はこちらで確認できますが、GAで確認できるさまざまな情報とコンバージョンの数を紐付けて確認することも可能です。

その手順を紹介いたします。

先ほどのコンバージョン数を確認する画面で下の図の①部分にある、「+」を選択します。

すると、選択肢が出てきますので、コンバージョンと合わせて確認したい指標を選びます。

ここでは、コンバージョンに至ったユーザーがどのブラウザを使っているのか、という内容を確認してみます。

プラットフォーム / デバイスという項目を選択すると、さらに細かい情報を選ぶことができるので、ブラウザを選択します。

こうすると、今までのイベント名の隣に「ブラウザ」という列が表示されます。

左のコンバージョン列と合わせて、このコンバージョンはこのブラウザでいくつ起きている、という結果を見ることができます。

同じ手順で、年齢や性別などのユーザー情報や、コンバージョンに至ったユーザーがどこから来たのか、というトラフィック情報など、さまざまな指標をコンバージョンと紐付けて確認することができます。

まとめ

前編でも説明した通り、コンバージョンはWebサイトのゴールとなる指標です。

Webサイトを運用する上で、コンバージョンの数を把握することは、必要不可欠であり、そんなコンバージョンをさらに深く分析していくことも非常に大事です。

ご紹介した手順をしっかり覚え、Webサイトの分析を加速させましょう。

Webサイト・ホームページ制作なら、スピカデザインにご相談ください。

スピカデザインでは、コーポレートサイト、サービスサイト、採用サイトなど幅広いサイト制作に対応しています。デザインでお客さまの課題を解決するお手伝いをさせていただきます。 まずはお気軽にご相談ください。

スピカデザインに相談する

記事を書いた人

スピカナレッジについて

WEB制作・ホームページ制作会社
「スピカデザイン」が運営するメディアです。
WEBのプロが知識をお届けします。

株式会社スピカデザイン 公式X