SHARE

初心者必見 リスティング広告のはじめ方を解説!【Chat GPTライティング vol.2】

spiqa_design

2023.03.05

こんにちは。スピカデザインのマーケター兼ディレクターの「つちだ」です。普段は広告運用や、サイト改善を中心に業務を行なっています。

この記事は、「Chat GPT」というツールを使って、AIに記事をライティングしてもらってレビューをしてみる【Chat GPTライティング】という企画の第2回です。

お題について

第2回の記事のお題は

初心者必見 リスティング広告のはじめ方を解説!

という内容です。
ChatGPTはチャット風に応答してくれるAI、という性質上、画像を使った回答は基本的にできません。その中で、どのように説明してくれるのかは気になるところですね。

それでは、早速ライティング内容を見て行きましょう。

ライティング内容

筆者の質問

「初心者必見リスティング広告のはじめ方を解説!」という記事を考えてください。 記事の小見出しは3つで、最後には記事のまとめも作ってください。記事はそれぞれの小見出しの本文まで作ってください。

今回は、小見出しの個数を制限して、いかに簡潔にまとめるか、に焦点を当てられるようにしてみました。

Chat GPTの回答

記事タイトル:初心者必見!リスティング広告のはじめ方を解説!

本文:

【1. リスティング広告とは?】

リスティング広告とは、検索エンジンやSNSなどのウェブサイト上で表示される広告の一種です。検索エンジンの検索結果やウェブサイトのコンテンツと連動して表示され、ターゲット層にリーチすることができます。リスティング広告には、検索広告やディスプレイ広告、動画広告など様々な種類があります。

リスティング広告のメリットとしては、効果的なターゲット層に向けた配信ができること、クリックされたときのみ課金されること、配信効果の測定がしやすいことなどが挙げられます。一方で、デメリットとしては、競合が多いことや競合との入札競争による広告費の高騰、広告掲載に限界があることがあります。

【2. リスティング広告の作成方法】

リスティング広告を作成する際には、まず効果的なキーワードを選定する必要があります。検索エンジン上でよく検索されるキーワードを調べ、それらを含めた広告文を作成することが重要です。また、広告文はユーザーに魅力的なものにすることが重要であり、アイキャッチなどの工夫が必要です。さらに、広告の掲載場所や表示時間帯によっても配信効果が異なるため、適切な設定を行う必要があります。

リスティング広告の入札価格は、クリック単価(CPC)によって決定されます。CPCは広告をクリックした場合に課金される単価であり、競合他社との入札競争によって高騰することがあります。入札価格の設定は慎重に行い、費用対効果を重視する必要があります。

【3. リスティング広告の効果測定と改善方法】

リスティング広告の効果を測定する際には、クリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)などの指標を用いることが一般的です。CTRは広告が表示された回数に対してクリックされた回数の割合を、CVRは広告をクリックしたユーザーが実際に商品やサービスを購入したり、問い合わせを行った回数の割合を示します。

これらの指標をもとに、リスティング広告の効果を測定し、改善策を検討することが重要です。例えば、CTRが低い場合には広告文の改善やキーワードの見直しが必要です。また、CVRが低い場合には、商品やサービスの魅力的な説明や問い合わせフォームの改善などが必要です。

リスティング広告を効果的に活用するためには、定期的な分析と改善が必要です。また、競合他社の広告の分析や新しい広告フォーマットの試用なども有効です。

【まとめ】

リスティング広告は、効果的なターゲット層に向けた広告配信ができる方法の一つです。広告文やキーワード、入札価格などを適切に設定し、定期的な効果測定と改善を行うことで、より効果的な広告展開が可能です。ただし、競合他社との入札競争や広告掲載の限界などもあるため、注意が必要です。

レビュー

今回も、【驚き】【改善点】【実用性】の3点からレビューしていきます。

驚き

今回の結果で驚いたことを挙げていきます。

文章構成

前回のChatGPTライティングと見比べるとわかりやすいのですが、今回は記事タイトルの最初に「初心者必見」という内容が書かれています。そのためか、今回の1つ目の見出しが「リスティング広告とは?」という内容です。

初心者向けの記事コンテンツということを理解して、「リスティング広告とは」という内容から記事をスタートしているとすれば、かなりしっかりとした記事の構成であると言えます。

改善点

情報量

今回は、小見出しの数などを制限していたので、文章量が少なめであることは仕方のないことです。とはいえ、タイトルにも入っている「リスティングの始め方」については、他の段落より情報量が多くても良いのでは、と考えました。

実用性

今回は、上でも書いた通り、文章構造や言及している内容に関してはかなり質がよいのかな、と思っております。一方で、一つ一つの情報要素はやはりかなり小さいため、これをそのまま記事にするとかなり物足りなさを感じてしまうかもしれません。

構成内容はそのままに、さらに一つ一つの要素を掘り下げていく、ということをすれば、実用的な記事になるのではないかと思います。

まとめ

上記には書いておりませんが、もちろん今回のライティングのスピードなどにもびっくりしております。

また、ライティングをお願いする上でも、小見出しの数など、制約をかけていくと、その目的に沿った記事を作成してくれるということも発見できました。

次回は、さらにChatGPTの力を引き立てられるように、少しずつ調整していきたいと思います。

Webサイト・ホームページ制作なら、スピカデザインにご相談ください。

スピカデザインでは、コーポレートサイト、サービスサイト、採用サイトなど幅広いサイト制作に対応しています。デザインでお客さまの課題を解決するお手伝いをさせていただきます。 まずはお気軽にご相談ください。

スピカデザインに相談する

記事を書いた人

スピカナレッジについて

WEB制作・ホームページ制作会社
「スピカデザイン」が運営するメディアです。
WEBのプロが知識をお届けします。

株式会社スピカデザイン 公式X